誰もが起こりえる悲劇

交通事故にあった時は、弁護士に相談しよう

事故に遭ったら

事故は誰にでも・いつでも起こりえます

車を運転する人間にとって、交通事故はいつ起こってもおかしくないものです。

加害者にも被害者にもなる可能性があり、時には人生を大きく左右するものでもあります。

事故に遭ったらどうすればいいの?

まず自分が事故に遭遇したら、負傷者の確認と救護を行います。負傷者がいる場合にはすぐに救急車を手配します。気が動転することも考えられますが、決して逃げてはいけません。

警察への届出は義務なので、必ず連絡するようにします。

時には事故の相手から、警察への連絡はしないでほしいといわれることがありますが、断るほうが賢明です。のちのち保険金の請求が困難になるなど、不利益を被ることがあります。そして可能であれば現場の様子をメモしたり、携帯電話で写真を撮るなどして、証拠の保全を行います。

特にその後の交渉の事もありますので、相手側の情報はしっかりと確認することが大切です。

最後に保険会社へ連絡をします。

これは加害者であっても被害者であっても、一報を入れておくほうがよいでしょう。最近は自動車保険のサービスのひとつに、弁護士費用特約というものがあります。非常に大きなメリットがあるのでぜひ加入しておく方がよいです。

弁護士に依頼するメリットとは

弁護士に依頼するメリットとしては、事故後の様々な対応をすべて任せられるという点です。特に示談の際には、適切な賠償金額を獲得するためにも不可欠といえます。また人身事故の被害を受けた場合には、自分は治療に専念し、交渉ごとはお任せするのが得策です。費用も上記の保険を利用すれば、負担もありません。

またはじめは自分で対応していても、途中から保険会社とのやり取りで納得できない事が起こる事もめずらしくありません。そのような時には泣き寝入りせずに、すぐに弁護士に相談するようにしましょう。

最新記事

チョイス

  • 通信制高校 学費

    気になる通信制高校の情報を掲載。お子様に高卒の資格を取得させたいなら参考になります。