交通事故の弁護士費用について

交通事故の被害者になった時には、加害者が加入している任意保険の保険会社と、交渉を行うことが必要になります。
保険会社との交渉を自力で行うか、弁護士に頼むかによって、受け取れる示談金や補償金の金額に大きな差が出ます。

もしも、自分に全く落ち度がなく、過失割合が10対0で、保険会社が提示した示談金の金額に納得できれば、交渉は行う必要はありません。

しかし、このようなケースは大変少ないのが現状です。

ほとんどの場合、過失割合や示談金の金額について、保険会社との交渉が必要になります。

弁護士に依頼することで負担を減らせる

自力で保険会社と交渉をするには、とても時間がかかりますので、仕事にも支障が出てしまいます。そのような場合には、弁護士に交渉を任せた方がメリットがあります。弁護士に保険会社との交渉を依頼する時には、報酬を支払うことが必要になります。

費用はどのくらい?

交通事故の場合は、弁護士費用の支払いを成功報酬にしている場合が多いので、報酬の支払いは保険会社との交渉後になります。そのため、弁護士に支払うためのお金に乏しい時でも、弁護士に依頼することができます。

弁護士費用特約という制度もあり、弁護士費用を保険会社に負担してもらうことも可能です。

費用がネックで弁護士に依頼することを躊躇している人でも、費用の心配をすることなく、安心して弁護士に頼むことができます。弁護士は法律のプロであり、交渉のプロでもあります。弁護士に依頼することによって、とても有利な条件で保険会社と交渉をすることができます。

自力で交渉する場合よりも、多くの示談金や補償金を受け取ることが期待できますので、交通事故に遭った時には、まずは弁護士に相談をすることが大切です。弁護士が在籍している法律事務所に連絡をすると、気軽に相談に乗ってくれます。