交通事故にあった場合はまず弁護士を

事故
交通事故は身近なアクシデントでありながら、一人では対応しきれない不意の危機です。
事故の被害者・加害者になった場合は第一に警察へ連絡し、そして一刻も早く間に弁護士を立ててことの処理に臨みましょう。

それでは、どういう時に弁護士の力を借りることが望ましいのでしょうか。

交通事故に見舞われた後、その処理方法が分からない場合はすぐに相談してみましょう。事故を専門とした方々は日本各地におりますので、見つけることは簡単です。相手ありきの事故である場合が多い交通の事故ですから、ご自分で不慣れな対応をしてこじらせる前に、経験が蓄積されているプロに頼むほうが後々のためにもなるでしょう。

全国には車による事故の無料相談を行なう場所もありますので、実際に事故に遭われた方はご利用をご一考する価値があるかもしれません。
また、事故が加害者との間で揉めている場合も弁護士を間に立てましょう。

ただでさえ不慮の状況で起こるのが交通事故ですから、お互いの注意力や記憶力も散漫になっています。

どんな過失がどれほどの割合でお互いにあるのか、被害者と加害者の間でこじれてしまう事も多々あります。腑に落ちないことがある場合はすぐに事故のプロに相談しましょう。示談交渉がまとまらず、裁判沙汰になったとしたらなおの事です。

専門家の力が必要になります。

あなたが事故の加害者になってしまった場合も、賠償の責任範囲は規定がありますので、何もかも被害者の言い分に従わず、プロと話し合う中で損害賠償の範囲と額について考えることが重要です。事故の処理は特殊な知識の必要な分野でもありますので、自分自身が被害者になった場合も加害者になった場合も、まずはプロに相談することをお薦めします。